AFV模型 展示室

イタレリ 1号戦車B型

タミヤニュース別冊パチッ特集号
第56号掲載作品
SMA製のトレーラーが良かったかも。
クロムウエル 2号戦車a3型

20mm砲はマムート製。
フェンダーパターンは疑問が残ります
実車は生産数が少ないにもかかわらず
写真は多い。対戦初期の勝ち戦ゆえか。
アラン改造 EAGLE CZパーツ使用
2号戦車b型

アラン製の2号戦車c型とのドッキング。
改造パーツは全長が足りず、大改造に。
カステン製の可動履帯も奢っています。
タミヤ改造(F型から) 2号戦車c増加装甲型

タミヤニュース別冊パチッ特集号
第52号裏表紙掲載作品。
当時はドラゴン製のキットもなく苦労しました。
カステン製の固定履帯を使用。
タミヤの起動輪とはピッチが合わず、
歯を切り取って再接着しました。
ICM 2号戦車D型

カステン製の可動履帯。ショーモデリング
製のエッチングパーツを使用。
白十字はポーランド戦における第3装甲
師団所属の車両に見られる。
ドラゴン改造(G型から) 3号戦車F型

36mm幅の履帯は、フリウル製を使用。
タミヤ 4号戦車J型

タミヤニュース別冊パチッ特集号
第54号掲載作品。

イタレリ改造(A型から) 5号戦車D型

AIRES製の砲塔ガレキを使用。
カステン製の可動履帯を使用。
クロムウエル 5号戦車D後期型

定価で購入したが、レオナルド本店で
中古未組み立て品が多量に廉価で
叩き売られていたのにはがっかりした。
ドラゴン JS−122

エデュアルド製のマーキングマスクを使用。
タミヤ改造 MBモデルズ改造パーツ使用の
T34 1940年生産型

起動輪,誘導輪,砲身,履帯とお大尽モデリングとなってしまった。
ドラゴン製インジェクションがある今では、
物好きアイテムである。
ドラゴン E−100

車体側面の追加装甲板をはずした状態を再現した。他は砲塔基部をレジン製のものに換装した以外は素組み。 
ドラゴン T34/76 1940年型

履帯をカステン製にし、マーキングをドライデカールにした以外は素組み。
タミヤ改造 リンクス製CDL砲塔 の
M3 CDL

70年代のタミヤニュースの「これだけは作ろう」にCDL砲塔の改造記事が掲載されて以来、いつかは作ってみたいアイテムでした。
エレール ルノー R35

92年頃の旧作です。
ベルト式の履帯、デカール全てキットの純正品で、全くの素組みです。

タミヤ改造 チャーチル Mk.VIII

最初ノーマルなVII型を作ろうと箱を開けたのが10年前でしたが、途中でVIII型制作に予定変更し、何回かの挫折を乗り越えて、ようやく完成。
E10

トランペッターのキットを素組み。
砲身基部がぐらつくので内部を工作。
アンテナはアドラーズネストのものを使用。
T34/76 ラミネート砲塔 

10年以上の歳月をかけてようやく完成。
タミヤをベースにレジン製の砲塔を型取りしたものを使用。
アルミ砲身、連結式履帯を奢り、ベースキットは古いが最近のレベルに仕上げている。
III号突撃砲 F/8型

組み立てと塗装を完全に分けてから制作した実験的試み。履帯が塗装しづらいが、それ以外は塗装面の接着に気を取られことなく、丈夫な作品になった。
8輪重装甲車 Sdkfz.232

実験的試み第二弾。車体下部はダークグレイで塗装し、車体上部の装甲部分を中心に北アフリカ仕様のグリュンブラウンを塗装。デカールはタミヤの旧作のものを流用した。
IV号駆逐戦車/70(V)

ツインメリットコーティングの初期型を制作したくて、最初にコーティングシートの購入を決めた。イタレリのキットは問題も多いが、10年以上の歳月をかけて完成にたどりついた。
8輪装甲無線車 Sdkfz.263

タミヤの旧作とピットロード車体改造キットを組み合わせて制作。車幅棒をピアノ線で工作するなど、1974年製金型の古さを意識させないように、ディティールを工夫している。

ヴァッヘントレーガー クルップ/シュタイヤー 88mm対戦車自走砲

組み立てと塗装を分離して制作したキットの第三弾。ジャーマングレイの淡色塗装に変化をつけてみた。実車は一両のみが確認されている。
38(t)偵察戦車 Sdkfz140/1

「1939-45国防軍装甲師団」リイド社を参考に、第三装甲師団第三偵察大隊第一中隊所属車両とした。この第一中隊には25両が配備され、そのうちの9両は交信範囲の広いFuG12アンテナが装備されたという。NEW
シュタイヤー 1500A/01

タミヤからインジェクションキットが発売される前、ADVからレジンキットが発売されていた。
この大型軍用指揮官車コマンドワーゲンタイプ以外にも、カーゴタイプ、大型軍用乗用車タイプなど数種類販売されていた。NEW


上の写真をクリックすると拡大画像が開きますが、
下のクリックボタンでも拡大画像が開きます。


1号戦車B型
1号戦車B型
2号戦車a3型
2号戦車a3型
2号戦車b型
2号戦車b型
2号戦車c増加装甲型
2号戦車c増加装甲型
2号戦車D型
2号戦車D型
3号戦車F型
3号戦車F型
4号戦車J型
4号戦車J型
5号戦車D型
5号戦車D型
5号戦車A初期型
5号戦車A初期型
JS−122
JS−122
T34 1940年生産型
T34 1940年生産型
E−100
E−100
T34/76 1940年型
T34/76 1940年型
M3 CDL
M3 CDL
ルノー R35
ルノー R35
チャーチル Mk.VIII
チャーチル Mk.VIII
E10
E10
T34/76 ラミネート砲塔 
T34/76 ラミネート砲塔 
III号突撃砲 F/8型
III号突撃砲 F/8型
8輪重装甲車
8輪重装甲車
IV号駆逐戦車/70(V)
IV号駆逐戦車/70(V)
8輪装甲無線車 Sdkfz.263
8輪装甲無線車 Sdkfz.263
ヴァッヘントレーガー クルップ/シュタイヤー 88mm対戦車自走砲
ヴァッヘントレーガー クルップ/シュタイヤー 88mm対戦車自走砲
38(t)偵察戦車 Sdkfz140/1
38(t)偵察戦車 Sdkfz140/1
シュタイヤー 1500A/01
シュタイヤー 1500A/01
NEW


戻る
戻る