プリズムにしみのないX−7をゲット(その2)

NEW

 偶然飛び込んだ郡山のカメラ店(ジェットプリントサービス郡山店)で、ジャンクとなっていて値
札も貼られていないX−7(シルバー)を発見しました。外観はぼろぼろでシルバー特有のめっ
きの光沢もありません。恐る恐るカメラを手に取りファインダーを覗いてみると、おなじみのファ
インダーの帯状の黒いしみがありませんでした。電池が入っていないので、シャッターを切るこ
とはおろか、露出も測定できません。店主に聞いてみると、「そうねえ標準レンズも付いている
けど、部品取りとして3000円」との返事。標準レンズもお決まりの黴のオンパレードかと思い
きや、拭き傷はあるものの黴はなく、実用できるレベルでした。ネットなどでは数万円出せば、
完全な個体が手に入りますが、そんな元手はありませんので、この機体を救出してきました。L
R44電池を入れて、しばらく動かしていると、露出やシャッター速度が安定してきたので、現
在、ポジフイルムを入れて試写中です。



(X−7シルバー & MD ROKKOR 50mm1:1.7)

(2015年7月26日 記)




トップへ
トップへ
戻る
戻る