シェルのロッコールシステム

NEW


 報道記者などのプロに鍛えられたニコン、キヤノンは滅多なことでは故障しない。過酷な状況
にあっても写真を残すということでは両社は優れている。そんなA級のカメラでは飽き足らず、
ミノルタ、ペンタックス、オリンパスに興味を持ちました。
特にミノルタは、AFで先鞭をつけて圧倒的に優位に立ちましたが、特許の訴訟問題、キヤノン
を始めとした競合との競り合いに負け、カメラ事業はコニカミノルタを経て、ソニーブランドで引
き継がれました。

 ミノルタのMFカメラのレンズは、一部に「鷹の目」と呼ばれる優秀なレンズはあるものの逆光
に弱く、発売から時間が経過していることもあり、曇りやら黴やらで、まともなレンズは少なくな
っています。また、MFカメラもXDやXG,XEシリーズは電子系の制御系が弱く、露出が安定しな
い、シャッター速度が安定しないなど、まともな個体が少なくなっています。

 そんななか、ロッコールシステムを組み上げようと思いつきました。まずはレンズ探しです。
カメラに付属している50mmの標準レンズや、リサイクルショップで見かける広角レンズは、黴
やら曇りで満足いくものはみつかりません。そこで、お出かけついでに寄った「且D幌カメラ修
理センター」で、「MD 50mm 1:1.7」、「MD W.ROKKOR 28mm 1:2.8」を救出し
ました。



(左:50mm 右:28mm)

 且D幌カメラ修理センターは、札幌駅からさほど遠くないところに立地していますが、看板は
ないので、ビルの周りをうろついてしまいました。4階の一室が店ですが、中には委託品や修
理済みの商品があり、買う機種を決めてから買うには良い店だと思います。ここはフイルムカ
メラの修理が本業で、中古カメラ
、中古レンズの販売は二の次ですが、修理済みのレンズを販売してくれました。測定器が完備
されているので、販売の都度、レンズ性能を簡単にチェックしてくれます。そこでお墨付きをも
らいました。

 ロッコールのカメラ本体は、X−700(ブラック,シルバー)、X−600の三台です。X−7も戦
力化しようと考えましたが、まともな個体はなく、この三台を主力としています。X−700は発売
から19年間も販売されたロングセラーです。しかしその性能は、シャッター速度は最速で1/
1000しかなく、横走りシャッターという時代遅れの機体です。
この機種にした一番の理由は、ファインダーの見え具合です。X−700のシルバーを「にっしん
カメラ」で見つけ、ファインダーを覗いて吃驚しました。今まで一眼レフのファインダーを覗いた
中で、見え方は群を抜いていました。これだけでも、この機種を使う意義があるというもので
す。



(奥:X−700シルバー 手前:X−600)

 その他ズームレンズも戦力に加えました。これらのレンズは地元でなじみの店で、黴なしをチ
ェックしてから購入しました。「MD ZOOM 35−70mm 1:3.5」、「MD ZOOM 50−
135mm 1:3.5」です。



(X−700ブラックと35−70mmズームレンズ)



(X−700シルバーと50−135mmズームレンズ)

(2015年7月13日 記)


 X−600のオートフォーカスが馴染みませんでした。この機種は、ピントの合焦状態を前ピ
ン、ベストピン、後ピンをLED表示して、ベストピンになるとブザーで知らせるというフォーカスエ
イドですが、私の視力が乱視や遠視が入っていることもあり、フォーカスエイドとの相性がよくあ
りませんでした。そこで、X−500購入用の下取りとなりました。前回、X−700シルバーのファ
インダーが驚愕的な見え易さと報告しましたが、X−500は十字線透過式の明るいスクリーン
で、実感的には、X−700よりもさらに明るく、MFカメラでは最良と感じています。光沢あるプ
ラスチックボディなので、見かけは安っぽく、外観で損をしています。露出、シャッター速度もズ
レはなさそうですので、期待ができます。



(X−500 & MD 50mm1:1.7)

 これで信頼できるX−3桁シリーズが揃いました。X−700ブラック、X−700シルバー、X−
500ブラックです。X−7やXG1の安定性がいまひとつなので、主力はこれらの機種になりそう
です。

(2015年7月26日 記)




トップへ
トップへ
戻る
戻る