プリズムにしみのないX−7をゲット





 ミノルタのMF一眼レフのうち、X−7は宮崎美子のCMで有名になったものの、持病があり、
プリズムを抑えているモルトが経年劣化により溶け出して、ファインダーを覗くと黒い帯状のし
みが見えるという、撮影気力を萎えさせるものでした。特に発売から30年以上がたち、黒いし
みのないX−7にめぐり合うことはありませんでした。
 そんな折、偶然にも黒いしみの無いX−7がジャンクかごに、乱雑に放置されていたので救出
してきました。フイルム室内のモルトを張替え、ミラー室の清掃をしました。特に外装の黒塗装
の脱落が酷かったので、染めQのブラックをスプレー塗装ではなく、筆塗りでレタッチしたとこ
ろ、見違えるようになりました。
(手前が今回のX−7、奥がファインダーを覗くと黒い帯状のしみがある機体。)
この機体は、シャッター速度が1/30以上になると警戒音が鳴るというX−7特有の仕様にな
っていないので、これまでの修理歴で手を加えられているのかもしれません。試写はこれから
です。
(2015年6月21日 記)

 試写を前に空シャッターを何度か切る。数日おいてから空シャッターを切る。しかし露出は適
正値を示すものの、シャッター速度が安定しない。発売後30年以上たち、電子部品の劣化に
よりこのX−7は安定した動作が確保できないようです。帯状の黒いしみのあるX−7(写真奥)
を使うしかなさそうです。(こちらは試写済みのポジでは露出は安定。)
(2015年6月28日 記)




トップへ
トップへ
戻る
戻る