AFV模型 第二工房室



 勤務地に近い部屋を借りました。平日、持ち帰り仕事がないときなど、酒浸りになるのは体に
も財布にも良くないので、塗装前までの組み立てをここでしています。
工具は、カッター、ニッパ、耐水ペーパー、接着剤だけなので、「パーツの合いが抜群で、組み
立てが超楽なタミヤのキット」の制作をしています。いずれ隙間埋めのパテも揃える予定です。
ただし、この部屋にはコンデジしかなく、撮影画像はあまり見栄えがしません。
 駅前に家電量販店があり徒歩圏内で行ける距離です。模型コーナーも充実していて、ポイン
ト加算が付くので、重宝しています。部屋は狭く塗装できる環境ではないので、あくまでもサブ
的な位置づけの工房室としています。







E10

NEW

 (クロムウエル 1/35)

2010年にインジェクションキットがトランぺッターから発売されたので、喜んで一気に完成させ
てから、レジンキットが長く眠っているのが気になっていました。トランぺッターのキットが発売さ
れる以前から、この種のSFチックな車両を精力的にレジンキットを一発抜きで成型して販売し
ていたクロムエルのキットは比較的出来が良いので、作成してみることにしました。
Eシリーズの車両は、この他にもE25、E50、E75、E100とあるが、兵器局第六課が、194
3年4月から従来の車両とは異なるコンセプト、統制型Eシリーズの開発をスタートさせた。E1
0は試作車3両の車体が完成されたが、最終完成には至らないまま敗戦を迎えたという。
(2021年7月28日 記NEW


(参考資料)
グランドパワー2010年8月号「ドイツ計画戦車」



(工作記録)
クロムエルのレジンキットは、車体の底が抜けている。そこで、底板で塞ぐために、プラ板でねじ止め穴を工作した。NEW
E10の車体全景。底部は塞がっておらず、これをプラ板で塞ぐわけである。NEW 

鋭意制作中!






T−90  ロシア主力戦車

NEW

 (ズベズタ 1/35)

125mm滑空砲と爆発反応装甲(ERA)を装備した主力戦車である。湾岸戦争でT−72の評
価が地に落ちたことに衝撃を受けたロシア軍が、比較的低コストで対抗可能な車種を戦力化
する目的で開発された車両である。
車体を完全に組み立ててから後に塗装するというスタイルを踏襲して制作を行っている。

(2021年4月27日 記NEW

第二工房室にも塗装ブースを設置。塗装ミストの排気装置も設置して、環境的には抜群となっ
た。徒歩圏内8分にヨドバシカメラもあり、タミヤのアクリル系塗料はほぼ完備している。
また、コンプレッサーもコスパの良いWAVE製のものを選択した。

(2021年7月4日 記NEW



(参考資料)
アーマーモデリング 2007年11月号
T-90/T-90A主力戦車写真集


(塗装記録)
車体後部の燃料タンクや丸太の段差をパテで修正し800番の耐水ペーパーがけした。
車体前方からの撮影。
砲塔を上から撮影。巨大な125mm滑空砲はプラパーツの段差をパテにて修正した。
砲塔は高さが思いのほか低い姿勢である。現行の主力戦車も良いものである。
5
塗装作業に入る。イエロー系の塗装をエアブラシした。
6 グリーン系の色を調合して、タミヤのアクリル系をエアブラシ。
7 反対側も同様にエアブラシ。
8 砲塔も同様にエアブラシ。
9 車体下部をグレー、グリーン系で塗装するためにマスキングした。
10 反対側も同様にマスキング。車体側面は普通紙でマスク。車体底部はマスキングテープを使用した。エアブラシで、カーキドラブとダークグレーの混色を塗装した。
11
マスキングを剥がして砲塔アンテナを付け、砲塔の機銃を塗装した。
12
左側から砲塔を正面にとらえ撮影。
13
右斜め側面からの撮影。車体下部は暗い塗装なのでコントラストが良い感じである。
14
車体上面より。アンテナを切れての撮影だが、T−90のフォルムがよくわかる一葉。
15 ズベズタの組説には、「522」号車の指示があるが訳あって「523」号車とした。NE
16 泥濘脱出用木材は車体色にカモフラージュされていることが多いが、ダークアース系で塗装した。NEW
17 左側からも撮影。組説の指示は左のみに
しかないが、車体番号を左右に付けた。EW
18 保存用にT-CASEに付けてみた。砲塔を少し曲げ、アンテナはクリアケースの上面に孔を開けて対応した。NEW
19 「シトーラ」光学・電子妨害統合防御装置を赤黒色で塗装した。
爆発反応装甲「トログゼニ5」の装備も物々しい。

モスクワ軍管区 所属車両

(完成 2021年7月18日記 NEW

完!





III号戦車 N型

NEW

(タミヤ 1/35)

 しばらく海外メーカー製のキットを組んでいたが、久しぶりにタミヤのキットを引っ張り出してき
た。組みやすさに定評があるが、これをベースに他の型へと改造するとなると、組みやすさを
追及するあまり、車体が一体成型されているので使いにくさがあるだろう。ここは素直にストレ
ートに組んで、塗装や車外装備品に凝ってみるのが良いかもしれない。
ドイツは1942年に支配領土の最大進出を誇ったが、その時の主力戦車がIII号戦車であっ
た。その後、火力強化の観点から主力を長砲身装備のIV号戦車に譲るが、N型は24口径7.
5cm砲を装備し、終戦まで第一線で使用されています。
(2021年5月27日 記NEW


(参考資料)
ミリタリーディテールイラストレーション III号戦車L〜N型 新紀元社

(制作記録)

車体固定用の3mm径のビス孔を車体下部に空けビスを通した。トーションバーの基部を接着。
反対側からも撮影。さすがに部品の合いはピタリと決まる。
微速前進は好きな言葉である。
組説の2番まで進んだ。
反対側の工作も完了。タミヤのキットは組説通りに組むのなら、非常にストレスなく組み立てが可能である。

起動輪、誘導輪、転輪を接着。起動輪は可動状態である。NEW
反対側の転輪も同様に接着。NEW

鋭意製作中!




KV−2 重戦車



(トランぺッター 1/35)



 第一工房室(埼玉)でKV−1を塗装中だが、長らく車体を箱組みしていて放置していたKV−
2の工作を再開した。旧作にはタミヤ製のものがあるが、履帯を含めて不満点が多く、昨年(2
020年)にKV−1が新作となって登場した。
 KV−2はバルバロッサ作戦時、ドイツにとっては厄介な存在であったが、各所でドイツ軍の
前線突破があまりにも早く、多くのKV−2が鹵獲され、一部はドイツ軍で使用された。
キット発売時のトランぺッターは精力的にKVシリーズの各型を販売しており、ドイツ軍に鹵獲さ
れたKV−1もキット化された。
 第二工房室(郡山)では積極的な塗装は控えているが、車体工作までは完成させたいところ
である。
(2021年1月11日 記)

 第一工房室から資料本を移動。グランドパワー2016年4月号「KVIIの開発と構造」と大日本絵
画発行の「東部戦線のソ連製車両 塗装ガイド1935−1945」である。KVの転輪の中央と周
辺部がどのように動くのか確認したかったので、DVD「タンク・ソルジャー 重戦車KV-1」で動画
を確認した。これらの資料とDVDにより、転輪の工作を進めることができるものだ。
(2021年2月2日 記)

 2021年2月13日の夜中に発生した震度6弱の地震は、人命事故はなかったものの家財道
具の被害は大きかった。今回の地震は2011年3月11日の東日本大震災の余震だという。
数日後、筆者の住むマンションではガス漏れが発生し、2日間都市ガスが停止した。いわゆる
二日間は「お風呂難民」になったわけだが、スポーツジムで「お風呂会員」となって急場を凌い
できた。少し落ち着いたので模型制作を再開した。
 この第二工房室ではKV-2を作成し、埼玉の第一工房室ではKV-1を鋭意制作している。いわ
ば競作している形になったが、移動自粛で自由に動けない中、工具類も二重にそろえる羽目
になっている。昔より自由時間が増えたので、それなりに制作は進むと踏んでいるが、老眼と
の戦いは年々しんどくなってきた。
(2021年2月22日 記)

 年度末と年度初期のバタバタが一段落したので、制作を再開。車体機銃に金属パーツを流
用したので、砲塔後部の機銃にも金属発部品を選択した。

(2021年4月10日 記)

 KV−2の制作に手を付けてから10年以上の歳月が経過したが、日本語で読める「KV−1/
2重戦車写真集」が(株)ホビージャパンから発行された。ちょうど工作の最中だったので、ベス
トなタイミングである。また、せーたさんのHPギズモカフェのギズモログで、KV重戦車の起動
輪のグリスアップポイントの再現が紹介されているので、やってみることにする。履帯をロコ組
みで仮組み工作しているので、車体から放して無事に工作をすることができた。機銃、砲身を
金属パーツに換装した。この工房では、塗装ができないので、いずれ第一工房室に移して塗
装してみようと思う。
(2021年5月2日 記)


(参考資料)
SOVIET PANZERS IN ACTION スコードロンシグナル社発行
グランドパワー2016年4月号「KVIIの開発と構造」
東部戦線のソ連製車両 塗装ガイド1935−1945 大日本絵画発行
KV−1/2 重戦車写真集 (株)ホビージャパン発行

(参考DVD)
タンク・ソルジャー 重戦車KV-1



(制作記録)

2009年ころの箱組工作の写真である。接着完了までに洗濯ばさみで固定している。
車体をねじ止めするための六角ナットを接着した。ビスは直径3mm径のもので、他のキットとも共通のものを使用している。
固定用のビスの顔が覗いているが、箱組みの進行状態の様子。
下の雑誌はDDDで、当時ヒップホップに興味を持っていて、雑誌付録のDVD動画の入手のために購入していた。
車体上部を接着し、箱組みが完成した。
ここでしばらく放置状態となってしまうのだが。
約10年振りに工作を再開。完成途中のものを第二工房室に持ち込んだ。
転輪のアームを工作。
第二工房室にもデスクトップオードナンスAを設置した。転輪のアームを車体に接着。誘導輪基部、起動輪基部も同様に接着した。
右側の転輪基部も同様に工作。この後は転輪と履帯を一体化させる「ロコ組み」で進める予定。
車体上部のハッチ類を接着。車体内部は作らないので全て閉とした。

一都三県に加え七県にも緊急事態宣言が発令。二度目の外出自粛で、エッチング類を通販で購入。昔実際の販売でも訪問した、コクピットさんから購入した。画面向かって右側のパッションモデルのものを使用予定。
10 車体前面の機銃やハッチ類を接着。
組み立て説明書通りに部品類の突起処理が省略されているので、慎重な作成が必要。また、部品により引けがあるので、適宜パテ処理が必要だ。
11
不器用の証明。
勇んでエッチングパーツの組み立てに着手。瞬間接着剤を多用したもののずれたりしてうまくいかない。
12
まず、既存のプラパーツのメッシュ部分を削り出す作戦。メッシュ部分に隠れてしまうが、黒色で塗装。
13
プラパーツの裏側から、エッチングパーツを接着。プラパーツの加工の際、結構難儀した。
14
反対側も同様に工作。
遠目で見れば鑑賞に堪えうるかもしれない。
15
地震から1週間、ガス漏れも復旧し、転輪の工作に着手。参考資料の「塗装ガイド1935−1945」のKV-1の側面イラストが大変参考になる。
16
機関室排気ルーバーカバーの車体との隙間をホワイトパテで埋め、ペーパーがけした。
17
この飛び石連休(2021年2月23日)を利用して、ロコ組みを目論んだが、転輪を付けるまでで終わってしまった。
18
確実に若い頃よりも制作スピードが落ちているような気がする。
つの間にか車体前方の機銃がなくなってしまった。パッションモデルの金属パーツに入っていたので流用してみよう。
19
履帯を組み立て車体に仮組みした。
上部転輪を修正するとキットの履帯が組めなくなるので省略した。
20
車体前方の機銃は、パッションモデルズのエッチングパーツから選択した。これでキットのプラスチック製パーツの破損の心配がなくなった。
21
履帯はロコモデルの通称、ロコ組みを採用。これは転輪の裏側や 履帯の塗装をするための処置である。
22
フェンダーの裏側の押しピン跡をパテ埋めした後にペーパー掛け。履帯を付けてしまえば見えなくなってしまうのだが。
23 フェンダーを付けた車体を正面から撮影
。接着は通常のポリスチ用の接着剤と瞬間接着剤を併用した。
24
車体に外したロコ組み履帯を仮止め。ようやく車体の基本形が完成した。
25 車体機銃にパッションモデルズの真鍮パーツを利用したので、統一感を出すためにも砲塔後部の機銃にも同じ真鍮パーツを利用した。プラスチック製のものは、工作や塗装途中で折れてしまう恐れがあるので。
26
トランぺッターのキットの砲塔の後面のハッチは可動式である。せっかくなので可動とした。
27
ハッチを開けた状態。砲塔内部もそれらしく作りこむか悩む。これ以上の長時間化はしんどいので、砲塔内部の工作は中止した。
28
砲身をアルミ製に換装したので、砲身基部と接着。2液混合タイプのエポキシ樹脂でガチガチと接着。一晩室温で固定した。
29
砲塔側面のフックは径0.55mmの真鍮線に換装した。
30
この1940年型の砲塔は、MT-2型と呼ばれている。左上の写真に主砲の駐退機カバーを付けている。
31
せーたさんのHP、ギズモログの記事を大いに参考にして、起動輪のグリスアップポイントを工作。
32
反対側の起動輪も同様に工作した。
33
車体に砲塔を搭載。巨大な砲塔がいかにも重そうである。そして当時の対戦車兵器では表面装甲の貫通はなかったそうである。KV−1とともに戦列を組み、不充分な砲弾数で、時には体当たりを敢行して、ドイツ軍に対抗した。
34
152mm砲を回転砲塔に搭載したというのは初であるし、その後第二次大戦でも見られないものである。長年かけて工作したので、これから塗装編である。

鋭意作成中!




ドイツ 3t 4×2 カーゴトラック



(タミヤ イタレリ ドラゴン 1/35)

 ハノマークSS100を製作中だが、かなり大型(100HP)なのでオペルブリッツと比較してみる
ことにした。じつはレジン製の幌パーツを2種類入手しており、何とか使ってみたいという動機
もあるため。資料本のシャシー図を示す。



タミヤのシャシーとイタレリ(木製キャビン型)のシャシーを比較したところ、タミヤのものは先す
ぼまりになっているが、イタレリのシャシーは平行である。形状が微妙に異なっている。イタレリ
のキットが木製キャビンの後期型なので、シャシーが異なるのかもしれない。一方、最新作のド
ラゴンのキットも気になったので比較してみた。



上から、ドラゴン、タミヤ、イタレリ

全体の長さはほぼ同一。先すぼまりは、タミヤとドラゴンがほぼ同じであった。イタレリのキット
はこの時代には珍しくエンジンも再現された意欲作であるが、プラ素材を溶かすというゴムタイ
ヤは要注意である。これはショーモデリングのタイヤパーツを使うか、他キットからパーツを流
用するかのどちらかとしたい。なお、ドラゴンとタミヤの荷台の寸法はほぼ同じなので、レジン
製の幌パーツもドラゴンのキットに使用できるかもしれない。組みやすさはタミヤだが、キットの
再現性は最新作のドラゴンに軍配が上がる。
オペルブリッツはオペル社により1930年代に開発されたが、10万台以上生産され物資や兵員
の輸送に活躍し、ドイツ軍の兵站を維持した。ブリッツは雷光を意味する。

(2020年5月26日 記)
(2020年6月7日 改)

(資料)
第二次世界大戦で活躍した世界の軍用自動車 調査編集 バートH・ヴァンダーヴィーン 八
重洲出版
WHEELED VEHICLES of the WHHRMACHT
上田 信 ミリタリー・イラストレーションズ



幌レジンパーツ
MIGのウインターアップグレードキットである。幌しか映っていないが、市販車タイヤ、ラジエーターカバーがパーツに含まれている。
TRAKZ製の幌パーツである。再現性はMIGのキットに及ばないが、自作するよりはよさそうである。


タミヤ編
タミヤのシャシー作成に着手。板バネとマフラーをシャシーに装着した。
2
MIGの幌だけでも良かったが、市販車のタイヤパターンのものを履かせてみた。大戦初期の大半は市販タイプであったためである。軍用タイヤと違って市販タイヤはそれとなく貧弱な印象である。プラスチックとレジンの接着は二液タイプのエポキシ接着剤を使用。18時間後に実用強度に達するという。
3
ホイールベースが3.6mなので、ハノマークよりは長いが、こうして並べてみるといかにも華奢である。68馬力とハノマークの2/3にしかすぎないし、排気量は3626ccなので、ハノマークの半分以下だから当然である。
4 荷台の押出ピン跡の処理のために、ホワイトパテを盛った。内側なのでそれほど目立たないが荷物を置いたりすることを想定すると処理りておいた方が良いかと。


イタレリ編
見えなくなってしまうエンジンや燃料タンクも再現された意欲作だが、タミヤやドラゴンのシャシーと大分違っている。白く見える箇所はパテで修正したところ。イタレリのゴム製タイヤはプラスチックに接する面を溶解してしまうという。どこからか流用するしかないだろう。
2
マフラーはタミヤのものより若干細い。穴は0.5mm径のピンバイスで孔をあけた。
3
見えなくなってしまうが、排気量3626ccのエンジンを左側から撮ったもの。部品にひけがあったのでパテで修正した。
4
同じく右側からの写真。エンジンの追加パーツがレジン製で販売されているが、そのパーツでよく見る角度である。
5
タイヤのパーツはタミヤから流用した。ポリキャップにはめ込んだだけなので、可動できる。
6
後輪も同様にタミヤから流用した。こちらもポリキャップにはめ込んだだけなので可動できる。ポリキャップの圧縮力を利用しているので、それなりに部品の固定は良いようだ。
7 シャシー全体の写真。前輪と後輪の車軸間距離はタミヤのものとピタリである。

鋭意作成中!




ハノマーク SS100


(TAKOM 1/35)

HANOMAG SS100 ドイツ V-2 ロケット 運搬車



 車輪付きトラクターは給油用トレーラー、ロケット装置トレーラーなど牽引などの広範囲にドイ
ツ軍が使用した。主に自動車用道路で大型トレーラーとして運用されている。また、戦後にはフ
ランス陸軍向けに生産を続行している。

 TAKOMのキットを製作するのは初である。昨年秋にV-2だけほしい人がいたので、トレーラ
ーとV2をシェアして、トラクターのみを入手した次第。ハノマークSS100は、長らくレジンキットで
しか販売されなかったが、インジェクションキットで発売された。この車両用に運搬荷物がレジ
ンキットで発売されるなど、グレードアップパーツの充実もうれしい。


PANZER ART ハノマーク SS100の車外搭載品パーツ

TAKOMのキットの部品の合いは、タミヤのようにはぴたりとはいかず、パテのお世話になって
いる。組み立て説明書の数手先を読みながら工作しないと、部品の場所が決まらない。国産
の親切な説明書とは勝手が違う。プラスチック自体は柔らかく、一昔前のグンゼのような硬い
プラスチックではないので、カッターでの加工は楽である。
この組み立て説明書に、英文で実車の記事が書かれているが、ヴァンダーH・ヴィーンの「世界
の軍用自動車」からの引用そのままである。実車は1936年から1945年までドイツ軍で使用され
たが、第一線の車両と違って改良はなされなかったであろう。戦後もフランス軍向けに生産さ
れたことからも、車両の基本設計が優れていたということかもしれない。

(2020年5月3日 記)
(2020年5月19日 改)

(資料)
第二次世界大戦で活躍した世界の軍用自動車 調査編集 バートH・ヴァンダーヴィーン 八
重洲出版
WHEELED VEHICLES of the WHHRMACHT




1
シャシーの組み立ては車体フレームを一本ずつ箱組していく。エンジンは6気筒、排気量8553cc、100馬力の大型なものをシャシーに載せている。
2
モールドは良い。部品の合いもそれなりに良い。白く見えるのはパテで、段差が出るので修正しながら組み立て中。
3 左右に燃料タンクをつけたり、ステップをつけたり地道な作業が続く。
4 前輪のステアリングは可動なのだが、この工房室にはガスコンロがないので、ガスコンロで熱したドライバーなどをプラスチックに押し当てて溶かして接着するという手法が取れない。タミヤのドラム缶のパーツを接着するなどして、可動パーツを工作した。
5
タイヤのバリ取りは、冷凍庫で2時間冷やした後、カッターでパーティングラインをなぞって処理した。
6
パーツのフィットが今一つなので、0.55mm径の真鍮線を軸にして補強して部品を接着している。
7
黄色いマスキングテープは接着面に塗料が載らないように処置をした。資料本の写真と比較できるようなアングルで撮影した。
8
資料本のシャシーの写真を掲載してキットと比較してみた。細かい箇所は差異があるが、おおかたキットは再現されている。 

鋭意作成中!




ハンバー Mk.I



(SOVEREIGN 1/35)



 イギリス軍の装甲車の基本理念は、軽戦車と併用するというものであった。対戦初期のガイ
装甲車は、101台生産されたがフランス大陸での敗退後、第一線を退いている。その後に登
場したのがハンバー装甲車である。ソブリンのこのレジンキットは、Mk.Iであり、この型はすべ
てアフリカ戦線に投入されている。
 Mk.IIまでは主武装が15mm砲と7.92mmベサ機銃のみであったが、Mk.III以降は37mm
砲が装備され、兵士に歓迎されている。Mk.IとIIは同じ砲塔が使用されたが、Mk.IIはMK.Iの戦
訓を取り入れて車体は再設計され改良されている。
このハンバー装甲車の機動力は、同クラスのドイツ軍のSdkfz.222と比較して多少優れていると
の評価を得ている。

(2020年5月17日 記)

(資料)
ホビージャパン 1976年11月号
ブリッツクリーグ 箱庭系RTS 日本語版



1
車体は無垢のレジンがごろんと1個入っている。実車はシャシーを組んだうえでその上に装甲を載せるが、このレジンキットではレジンにシャシーを付けていくことになる。





T-34/76 チェリャビンスク



(MAXIM砲塔 ドラゴン車体 1/35)

MAXIM チェリャビンスク + ドラゴンT-34/76 1942年型 六角砲塔 ソフトエッジタイプ



 市川にあった模型店MAXIMの代表、高田さんが1984年当時にタミヤのT34/76の1943年型
の改造用レジン砲塔が発売されていました。当時は人気商品だったこともあって、T34のバリエ
ーション展開用として貴重なものでしたが、偶然にも未開封中古品を購入しました。
その後1990年にタミヤからチェりゃビンスクタイプがフルキットで発売されました。タミヤのキッ
トは組みやすくてよいキットですが、走行できるモーターライズタイプからディスプレイ用に展開
したものなので、全幅が約2o弱大きいです。せっかくなので、寸法的に正確なドラゴン用に展
開したくてハイブリッドを作成しています。
 チェリャビンスクタイプは、レニングラード(現サンクトペテルブルク)にあった第100キーロフス
キ工場が、はるか東方のチェリャビンスキ市に疎開し、そこで生産された車体に、スヴェドロフ
スクのウラル重機械製作工場で上面と側面が一体化された鍛造砲塔を製作したものを搭載し
た車両です。この特殊なプレス製の六角砲塔を、「フォルモチカ」UZTM製とも呼ばれている。
巨大プレス機械の活用で、鋳造よりも製造が容易と思われたことと、圧延鋼板製のものが鋳
造製のものより耐弾強度が優れていたと見られる。


(資料)
世界の戦車イラストレイテッド7 T-34/76中戦車 1941−1945
PANZER ’87年6月 T34シリーズ−2−
PANZER 329 2000/5
ロシア戦車データベース@ WWII編 1/35スケールプラキット総合ガイド


レジンキットの説明書である。タミヤのキットのパーツ番号が記載されていて、このキット専用の改造レジンキットである。
ドラゴンのキットに載せてみた。砲塔リングもピタリと合い、加工しなくてもそのまま搭載することができる。
3
ドラゴンの組説は誤りがあります。念のためタミヤの1943年型(タミヤ表記)で確認してみた。
全鋼鉄製転輪の中央に部品を接着する説明は誤りです。
4
フォルモチカ砲塔の車体は1943年型が多いので、片側5輪全部がゴム縁付き転輪となっている車体が目に付く。
左の写真は、第一転輪と第五転輪が、ゴム縁付き転輪となっている仕様。
5
車体の組み立てを開始。部品の合いは比較的良好だ。
6
わずか100台強しか生産されていない車両だが、思いのほか実車写真が残されている。チェリャビンスクタイプはゴム縁付き転輪が多用されているので、どこからか転輪を流用したいところ。考証も必要だ。
7 タミヤのT34のゴム縁付き転輪を履かせてみたがぶかぶかだ。ポリキャップをかぶせれば何とかなるかもしれないが流用は断念した。
8 ドラゴンの1941年製のキットからゴム縁付き転輪を流用した。新紀元社のカラーリング本から第19機甲軍団の車両を選択した。
9 転輪を車体に付けてみた。ゴム不足から鋼鉄製の転輪を全装備したが、走行時の騒音がうるさくて、ゴム縁付きの生産が増えるにつれて、ゴム縁付きが増えていったという。
10 この第二工房室にはプラノコが無い。カッターでうまく後部フェンダーを切るしかない。
11 カッターナイフで何度も切り込みを入れ、丁寧に後部フェンダーを切り取った。
12
プラノコが無いのに加えて、この第二工房室には資料も少ない。懐かしい古典のARMORシリーズである。
13
1943年型(旧呼称)の後部写真を穴のあくほど見て、フックの上下を確認した。
14
後部フックを車体に接着。キットのものは細部の工作が省略されている。
15
転輪を左右に仮止め。第三転輪と第五転輪を鋼鉄製枠転輪とした。
16
MAXIM製レジン砲塔を車体上部と一緒に載せてみた。
17
ドラゴンのスマートキットに付属するマジックトラックの組み立ては初である。これまでカステン製やフリウル製のものに換装していたので。
18
インジェクションの押出ピン跡は裏側にありすべての処理をカッターで施した。片側86個、全部で172個である。久しぶりに指先を酷使した。
19 履帯を組み立てたのに気をよくして、車体上部の工作に着手。表面のモールドをカッターで削り落とし、420番の耐水ペーパーで処理した後、へこみをホワイトパテで穴埋めした。(Before)
20 420番の耐水ペーパーを軽くかけた後、600番の耐水ペーパーで表面を磨いた。(After)
21 左側も同様に処理した。
22 自粛規制で自由にも模型店に行けないので、静岡のレインボーテンから、通販でアーマースケール製のもの選んだ。
これで76.2mmF34の砲身がアルミ製なので、レジン製の基部と合わせてプラ製より実感がわくであろう。  

鋭意製作中!




12.8cm Pak−44 対戦車搭載型バッフェントレーガー



(トランペッター 1/35)



 3000mの距離で30度に傾斜した装甲板173mm、2000mでは同200mm、1000mで
は同230mmを貫く圧倒的な攻撃力を持つ、12.8cm対戦車砲である。
 しかしその強力な攻撃力と反比例するかのように、砲身長7.023m、全重量10.16tは、
機動力を犠牲にしていた。全重量が10t超では、12tハーフトラックや重トラックでしか牽引で
きる車両はなく、これを自走砲化できれば、との期待の下、開発された。


1 車体の製作。
このキットは可動状態で組むようには指示されていなく、起動輪、誘導輪、固定のまま接着した。
2 反対側からも一葉。
ここまでは組み易いキットである。
3
牽引用フックの工作。部品の精度は非常に良い。
4
砲弾を組み立てている途中の段階。
自走砲には6弾あるのだが、前回作った対戦車砲には砲弾はなかった。もう一台の予備に購入したキットから流用した。
5


上の写真は前回製作した対戦車砲のマズルブレーキ。
工作が難儀したので、今回はライオンノアのアルミ砲身を選択した。これで楽に工作する予定。
6
車体の工作を再開。椅子を固定するパイプがあるが、非常に折れやすいので要注意である。部品の合いは良い。
7 砲身を載せる台座の工作。部品の引けや隙間があったので、パテで修正。台座の下に砲弾ラックがあるのだが、わずか6発しか搭載できない。こんな状態では、対戦車戦闘は厳しいのではないだろうか。
8 操縦席との隔壁を接着。この部品も射出成型時の押出ピンの跡があったので、これをパテで埋めて耐水ペーパーで磨いて修正した。

鋭意製作中!



戻る
戻る



いつかは作ってみたいアイテム(空想編2)
いつかは作ってみたいアイテム(空想編2)