AFV模型 第二工房室

NEW

 勤務地に近い部屋を借りました。平日、持ち帰り仕事がないときなど、酒浸りになるのは体に
も財布にも良くないので、塗装前までの組み立てをここでしています。
工具は、カッター、ニッパ、耐水ペーパー、接着剤だけなので、「パーツの合いが抜群で、組み
立てが超楽なタミヤのキット」の制作をしています。いずれ隙間埋めのパテも揃える予定です。
ただし、この部屋にはコンデジしかなく、撮影画像はあまり見栄えがしません。
 駅前に家電量販店があり徒歩圏内で行ける距離です。模型コーナーも充実していて、ポイン
ト加算が付くので、重宝しています。部屋は狭く塗装できる環境ではないので、あくまでもサブ
的な位置づけの工房室としています。





駆逐戦車ヘッツアー 中期生産型

NEW

(タミヤ 1/35)

 1943年対ソ戦の教訓を受け、機甲兵総監のハインツ・グーデリアン上級大将は、低姿勢で
充分な防御力のある軽駆逐戦車を要求した。車体はチェコ製の38(t)戦車を使用し、75mm
砲を装備して、T34/85を距離700mで、シャーマンM4を距離800mで仕留めることができ
たという。1944年4月から生産を開始し、終戦の1945年5月までに、2584両が生産され
た。


(参考資料)
ジャーマンタンクス 大日本絵画
軽駆逐戦車 W.J.シュピールベルガー 大日本絵画
グランドパワー別冊 2007年8月号


車体下部を工作。キットは2009年製でありこの頃のタミヤ製の部品の合いは非常に良い。
2 反対側からの画像。
3 転輪の水平を出すための補助治具が用意されているのも親切。
4 反対側からも撮影。
5
平日夜時間が空いたので、履帯と転輪を工作。塗装を考えて車体には取り付けずに、履帯で転輪を接着した。
6
反対側からの写真。接着は流し込みタイプのもので、これだけでは強度的に不安。この後、瞬間接着剤で補強する予定。
7 履帯と転輪が固定できたので、車体から外してみた。
8 これで車体と転輪の裏側の塗装が出来るので便利である。
9 車体にも未接着で取り付けてみた。
10 車体前面からの写真。
11 車外装備品や車体については、2007年8月号のグランドパワーの別冊を参考にした。
12 車体後部の装備品の接着。説明書どおりにしたが、不明点はグランドパワーの別冊を大いに参考にした。
13 工作を再開。車体後部の天板を裏面から。
14 表面からも撮影。
15 車体を固定するビス孔を加工した。NEW

鋭意製作中!




戻る
戻る



いつかは作ってみたいアイテム(空想編2)
いつかは作ってみたいアイテム(空想編2)