AFV模型 第一工房室



 自宅の自室の机上を作業空間にあてています。自室には仕事に関係した技術書もあります
が、模型や写真機にスペースが割かれてきて、やむなく模型関係の書籍は半地下に移動しま
した。各種ルーター、ドリル、エアブラシを2機備え、模型制作の最低限の環境は揃えました。
また、一眼レフ写真機などの撮影機材が充実しているのも、この第一工房室の特長です。
歩いていける範囲で、塗料や工具を売っている模型店も午後10時まで開いているので助かっ
ています。

 それにしても最近は、インジェクションキットの精度が上がり、レジンキットを苦労して形にして
いた時代とは雲泥の差があります。試作車両という希少車種ですらキット化されているので、
本当に楽な時代になりました。


 現在、製作途中、塗装途中のキット群を紹介します。完成したものは展示室、工作記録・塗
装記録集に保管しています。





フェルディナント重駆逐戦車

NEW

(ドラゴン 1/35)




 ドイツ軍兵器局はポルシェおよびヘンシェル社に対して、ソ連軍のT−34、KV−1を打倒す
る重戦車の設計、試作を競合させた結果、ヘンシェル社の車体を量産モデルに決定した。こ
れが後のティーガーI型重戦車となる。一方、競作に敗れたポルシェ型は、90両の車体が完成
していた。この背景は、ヒトラー総統が贔屓にしているポルシェ型をたいそう気に入りあきらめ
切れなかったということも影響した。そしてFlak41対空砲をベースにした71口径88mm砲を
装備した自走砲87両が生まれた。3両はベルゲフェルジナント(回収戦車型)に回された。
正面装甲は200mm、側面・後面は80mmの装甲板に覆われ、総重量68トンの怪物はその
重量を抑えるために、弾薬を50発しか搭載できないものであったというが、当時のいかなる戦
車でも一撃で仕留めることが出来る怪物戦車は生まれ、全車がクルスク会戦の北部戦区に投
入された。

 クルスク、何の変哲もないロシアの田舎町である。しかし、1943年の7月には世界中の目がこ
の町に注がれ、数万のドイツ兵がこの町に到達するために傷つき倒れた。
 1941年、1942年、2度の大攻勢によってもソ連を屈服させることのできなかったヒトラーは、
決定的な勝利を得るために、1943年7月、1800機の航空機とタイガ一重戦車、パンサー戦
車、ブルムベア突撃榴弾砲戦車、そしてこのフェルディナント重駆逐戦車を含む3000両の戦
車、突撃砲を用意し、最後の大攻勢を決意していた。

 しかしソ連側はスパイ活動により事前にこれを察知していたのだ。ソ連軍は莫大な量の地雷
を埋め、何十キロも続く塹壕陣地を構築、そこに何千門の火砲と数千両の戦車を配した。
 加えて数千の航空機も用意された。ドイツ軍は恐るべき罠に飛び込んでいったのである。

厚い装甲板に囲われ、当時のいかなる戦車でも一撃で撃破することのできるタイガー(P)フェ
ルディナント重駆逐戦車は、全部で87両が製作され、その全てがクルスク戦に投入された。
 フェルディナントが配備された部隊は第656駆逐戦車連隊の第1、第2大隊で、同隊の第3
大隊には同じく新型の重突撃砲戦車であるブルムペアが配属されていた。

 強力なフェルディナントは他の部隊を支援するために1個中隊位づつあちこちに分散投入さ
れたのであるが、1943年の7月23日までのフェルディナントの戦果は戦車502両、対戦車砲
20門、野砲100門撃破と報告されている。大きな火力と重装甲によって、敵の重戦車等の重
兵器に対しては無敵の威力を誇ったフェルディナントであったが、近接戦闘用の機銃を持た
ず、敵歩兵の近接攻撃に弱かったこと、有名なスポーツカー”ポルシェ”の設計者であるポルシ
ェ博士設計の駆動モーターが複雑で故障しやすかったことなどから、39両のフェルディナント
が失われた。これらクルスク戦の戦訓を取り入れて改良されたものが、エレファント重駆逐戦
車である。これは以後の東部戦線やイタリア戦線で活躍した。

(クルスクに於ける第656駆逐戦車連隊)

 ポヌイリ、何もないロシアの寒村。しかし253.5高地をめざす第177突撃砲大隊とそれを支援
するフェルディナント中隊の将兵にとって忘れることのできない地名となる。

 ドイツ軍兵器開発局はポルシェ及びヘンシェル社に対し重戦車の設計、試作を競作させ試験
を行った結果、ヘンシャル型の車体を量産モデルとすることに決定した。これがティーガー1型
重戦車である。一方競作に破れたポルシェ型ティーガー90両の車体は3両がベルゲパンツア
ーに改造され、残りは8.8cm砲を搭載した重駆逐戦車フェルディナントとなりクルスク戦にの
ぞんだ。
 7月6日早朝、第78突撃(歩兵)師団は攻撃前進に移った。師団攻撃群の先頭にたつのは
第177突撃砲大隊と、第656駆逐戦車連隊から抽出された巨大なフェルディナント12両であ
る。
 フェルディナントは敵第一線を突破したが、歩兵はソ連軍砲兵に前進を阻まれた。結局孤立
したフェルディナントの側面のピストルポートは小さすぎて機関銃の照星が見えないので、敵歩
兵の対戦車ライフル、火焔ビン等の近接攻撃から身を護れず後退を始めた。正午敵の予備
兵力が先に丘に達した。
 7月9日、再度ポヌイリを強襲。第177突撃砲大隊第2中隊と第292歩兵師団連隊は500
m前進したがソ連軍の反撃でストップ。フォン・ユングンフェルト中佐はフェルディナントの投入
を命じる。 フェルディナントは突撃砲の突破できなかったPakフロントを易々と突破。
ポヌイリの十字路を曲がり、マロ・アルハングリスクヘ向かう。



敵Pakフロントを突破したフェルディナントの攻撃も、フェオドロフカ西方の249高地で行き詰
まってしまった。急傾斜の斜面が低起動力のフェルディナントに不向きだった上、敵砲火の激
しさに歩兵の前進が阻まれたためである。なおこの後、7月20日頃にもフェルディナントが顔
を出しているがこれは単車で使われているところから戦闘消耗と故障で20日頃の可動フェル
ディナントはひどく減少していたであろう。第656駆逐戦車連隊は、この後ハリコフヘの後退
戦とサポロジェお防御戦で相当の戦果をあげている。


(註)
1943年7月29日付の第656駆逐戦車連隊の報告では、第1(653)大隊では可動フェルディ
ナントは10両、修理中が21両。同じく第2(654)大隊では、13両−6両とある。


(参考資料)
重駆逐戦車 大日本絵画
ティーガー上巻 無敵戦車の伝説1942〜1945 大日本絵画
重突撃砲フェルディナント 大日本絵画

(制作記録)
1 砲の基部は半球状の装甲で覆われているが、ここに銃弾を受けると砲が動かなく欠点が露呈。
2 予備履帯は、フェンダー上に固定された。後のヤークトティーガーは戦闘室側面に防御の面も考慮されて貼り付けられた。
3 左右を入れても予備履帯の枚数はわずかである。
4 牽引用ロープは車体側面に固定された。
5 履帯は連結式だが裏面に押し出しピン跡があるので、組み立て後にリューターで表面を平らに削り取った。
6 左右どちらも同様の処理。
7 71口径88mm砲のマズルブレーキ。搭載当時、ホルニッセに載せられたものと同様の世界最高峰の対戦車砲であった。
8 車体上面。
9 半球状の砲基部に直撃弾を受けないように防弾板を装備した。
10 操縦手用のペリスコープを塗装が被らないようにマスキングした。
11 実戦写真では見あたらないものも多いが、アンテナを装備した。
12 クルスク戦に投入された第653重戦車駆逐大隊の車両名と所属部隊の車体後部のステンシルを1/72のものを資料として載せてみた。一覧性のある資料として便利である。
13 Mr.サーフェイサーグレータイプ1200を吹いた。NEW
14 右後方からも一枚。1200は通常の1000のグレータイプよりも粒子感が細かく良い仕上がり。NEW
15 こうして見ると巨大な戦闘室が目立つ。弾薬は通常は50発搭載だが、最高90発まで搭載したという記録がある。NEW

以下鋭意戦作中!




パンター装甲観測戦車

(ミニアートスタジオ 1/35) 



 パンターのシャシーを利用した装甲砲兵観測車両で、武装を撤去して砲兵用の観測機材と
無線機などを装備したもので、1944年末から1945年にかけて41両が戦車型から改造され
ました。(サンデーアート社発行『ピクトリアル パンター戦車』より)この情報を受けて、クレオス
(旧グンゼ)ではG型ベースにインジェクションキットが販売されています。
しかし、最近の資料では、例えばシュピールベルガー出筆の『パンター戦車』や、ドイルとイエン
ツの共著『パンター戦車と派生型1942−1945』では、実験的に実戦に投入されたに過ぎな
いとか、製造されることはなかったとあります。大戦後半の防衛戦闘で、一両でも多くのパンタ
ー戦車を必要としていた前線から、砲兵部隊の指揮戦車に完全装甲のパンター装甲観測戦
車は、贅沢な要求であったと考えられます。より確かな真相究明には最新の資料発掘が待た
れますが、ここはD型ベースのものから作ってみます。
 現存する写真ではD型ベースのもののみを確認するのみで、しかも一枚しか見かけません。
また、図面もD型のもののみが確認できました。このD型ベースの車両は1943年7月から8
月にかけて製造され、下地のダークイエローの単色塗装が施されていました。主砲用砲固定
具やD初期型履帯、車幅確認用ポールなどが確認できます。
 このミニアートのレジン改造キットですが、当時インジェクションではD型はイタレリしかなく、こ
のキットもイタレリ用でした。その後、インジェクションでドラゴンからD後期型が発売され、偶然
にも砲塔がぴたりと合うので今回の工作となりました。
2005年の暮れに、阿佐ヶ谷のベルホビーの閉店セールで格安で手に入れました。そう言え
ば、中央線沿線の模型店も姿を消しつつありますね。

(参考資料)
ジャーマンタンクス 大日本絵画
パンター戦車 W.J.シュピールベルガー 大日本絵画

(制作記録)

1 ベースは贅沢にもドラゴンのA前期型を使用しました。通常のA型を作るとなると、ツイメリットコーティングが必要ですし、パンターの戦闘車両はこれまで何台も作っているので、趣向を変えてみました。
2 操縦手用ハッチは、塞いでもよかったのですが、ここはキットの説明書通りに開けてみました。上部ハッチの取っ手位置は、D前期型に変更しました。
3 3ヶ月ぶりの更新。車体上下を接着し合わせ目を、タミヤ製の光硬化性パテで埋めた。思いのほか柔らかい感じ。
4 塗装の手順からジャッキは車体に接着しない。車体後部は特にパテ埋めの必要なし。
5 久しぶりに製作を再開。車外装備品を接着。
素組みでも充分な出来映え。
6 D型ベースの観測戦車の車外装備は、試作車両で急造であったので、戦車型のそのままだ。 
7 何年かぶりで制作を再開。砲塔の上部と下部をエポキシ系接着剤で付けて輪ゴムで固定した。
8
砲塔下面の隙間をパテで修正。実車はタミヤの新作D型は忠実に再現されているが、これは従来の考証のまま。シュピールベルガーのパンター戦車が詳しい。
9 なんとも贅沢である。
砲兵観測戦車の砲はダミーなのであるが、ニューコネクションモデルズからアルミ砲身が販売されている。今回は砲身基部をミニアートスタジオのレジン砲塔にあうように金鋸で切断した。
10 レジン砲塔もひけがあったのでパテで修正。
11 砲塔側面も同様にパテで修正。
12 砲兵観測戦車であるが、通常の指揮戦車にも流用しようと、余っているチェサピークのレジン砲塔の基部をドラゴンのものに移植。
13 チェサピークの砲塔を上面から撮影。
14 こちらは最新作のタミヤのD型砲塔。
15 砲兵観測戦車の砲塔をドラゴンの車体に載せてみた。
16 指揮戦車仕様のチェサピークの砲塔も載せてみた。
17
砲兵観測戦車と指揮戦車のコンパチにしようとしているので、チェサピークの砲塔の工作。
18
ジャーマンタンクスやその他の資料を見ると指揮戦車の砲塔は、砲塔側面の連絡用小ハッチは廃止されている。そこで、側面のハッチをルーターで削り落とした。
19
ルーターで荒れた表面にタミヤパテ(ホワイト)を盛って修正。
20
その後、600番の耐水ペーパーで研磨。D型は雨トイが見られない車両も多い。
21
ジャーマンタンクスの写真を見て、車体後部も同様に工作。
22
右側面も同様に工作。雨トイがなされていないものを表現した。

制作継続中!





クルスクのパンター

 (タミヤ 1/35) 

 フジミの1/76のクルスク戦のジオラマを子供の頃に作って以来、いつかはクルスク戦に出
てきた戦闘車両を1/35で再現してみたいと思っていました。そして、2015年夏、ついにタミ
ヤからパンターD型が発売されました。パンター戦車の実戦デビューは、1943年7月5日から
始まるクルスク戦だったのですが、機械的な欠陥が多く、エンジンからの出火などから充分な
戦果を上げることが出来なかったという情報が常識となっていました。しかし、そんな折、大日
本絵画から「クルスクのパンター」なる新資料が出され、新たな認識を持つことが出来ました。
 タミヤの新作は、私が贔屓にしているアクロポリスさんに戦争のボードゲームを多量に買い
取ってもらったお返しに、素組みの未塗装品を譲っていただいたもので、「組み立ててから塗
装する」という私にとって試験的で斬新な試みの一環として、制作を始めたものです。ストレート
組み以外にも少し金属パーツを流用して、グレードを上げる予定です。





アハトウンク・パンツアーの表紙
パンターA型 1944年4月 北フランスの演習場での一こま 
「グロスドイッチェランド」戦車連隊第一大隊所属の231号車




タミヤのパンターD型の兵士は、上記の同乗しているSS兵の動きを模している。


(参考資料)

大日本絵画 クルスクのパンター
大日本絵画 アハトウンク・パンツアー 第4集

(塗装記録)

少し手を加えようといつもの悪い癖。
タミヤの純正パーツではなく、Passion Models製のエッチングを購入した。
2 ようやくタミヤの純正パーツが入手できるようになった。第二工房室近くの家電量販店で購入した。
3 Before
エッチングパーツを貼る前。
4 After
エッチングパーツを貼った後。


以下、製作予定







12.8cm ドイツ対戦車砲


(トランペッター 1/35)

 第2次大戦の東部戦線の戦訓を受けて、1943年から開発されたドイツ軍最大の口径を誇
る12.8cmPaK44です。以前にガレージキットでは発売されていましたが、インジェクションキ
ットではトランペッターが初めてです。この対戦車砲を自走砲化した車両も計画されていました
が、ペーパープランのみで終わっています。モデルマガジン2007年7月号のクロムウエルの
ガレージキットの紹介記事を資料としながら制作をしています。

(参考資料)
モデルマガジン2007年7月



1 砲を載せる砲架の制作を開始。
2 こちらが参考にしている制作記事。
3 牽引状態の砲架。
車輪の軸受けが下がっている状態。
4 戦闘状態の砲架。
車輪の軸受けが上がっている状態。
5 転輪は、ホイールがプラ製、タイヤがゴム製である。
6 牽引状態での砲架の完成写真。
左右の脚の開閉は選択式で可動状態にした。
7 戦闘状態での砲架の完成写真。
車輪の上下がわかりにくいので次の写真で解説。
8 牽引状態を側面から撮影。車輪が下がり、砲架が上がって牽引にて砲が移動できる状態。
9 砲架が下がり地面に設置し、車輪は上がっている状態。車輪の上下も可動状態にした。
10 模型制作をサボっていたわけではありません。部品の押し出しピン跡をパテ埋めしてペーパー掛けしながらの制作なので、遅々として進まず、ようやく各部品を組み立て中。
11 ようやく防楯の工作に着手。白く見えるところがパテ埋めしてペーパー掛けしたところだが、ほぼすべての部品の組み立てに施している。
12 砲の工作を再開。組み立て説明図の通り、可動状態としているが、アルミ砲身が重く、強度不足である。
13 車輪を上げて射撃状態の車輪基部のアップ。
14 同じく車輪後部のアップ。
15 照準機を左側から撮影。
16 同じく前方から。
17 可動状態にしたので、真鋳部品の付近をアップで撮影。
18 主砲前端のマズルブレーキのアップ。真鋳部品の接着は得意ではない。工作が苦手な人のためにライオンロアからアルミ砲身が販売されている。
19 防楯を付けた主砲基部のアップ。車輪を上げて射撃常態。
20 牽引状態の主砲基部を後ろから撮影。
21 防楯を付けて射撃状態のものを比較的アップで撮影。
22 可動部を残しながら、塗装前の完成状態を牽引時として全体を撮影した。これからサーフェイサーそして塗装に入る。

制作継続中!






 M51 スーパーシャーマン (アカデミー 1/35)





 映画FURY(2014年11月公開)を観ました。意外にもM4戦車が力強い印象があり、とても
ティーガーI型を仕留めるというストーリーそのものは信じられないところもありました。このシャ
ーマンが印象に残りましたので、シャーマンの最終形のM51スーパーシャーマンを作ります。
第三次中東戦争や第四次中東戦争では、完全に旧式となってしまったシャーマンに、攻撃力
のみに特化した戦車がM51スーパーシャーマンです。
その105mm砲は、T54/T55の100mm砲に比較して射程が優っていただけでなく、APS
D弾により攻撃力は遥かに優位に立ち、シャーマンの防御力を補って余りあるものでした。

(参考資料)

PANZER誌 1978年9月号 第四次中東戦争(上)

(主に塗装記録)

2012年にタミヤから新作が発売され、今日ではそれがスタンダードになりつつある。しかし、これはそれより以前に発売されたアカデミーのキットである。
タミヤの決定版とも比較検討してみたい。
サーフェイサーのグレー色を缶スプレーで吹いた。ホワイトと違ってグレーは粒状感があるようだ。

制作継続中!







KV−2



(トランペッター 1/35)



 所沢のくすのきホールでは年4回古本市なる催し物が開催される。2009年11月開催の古
本市では、偶然にもモデルアート700号突破記念号(2006年3月号)を掘り出した。その特集
が「ソビエトKV戦車シリーズの系譜」とあり、ぱらぱらめくっているとKV−2が目に入った。
 そういえば、トランペッターからKV−1や2が発売されて、その際勢い込んで何個か購入して
は積んどく状態になっていたのを思い出し工作を開始しました。






KV−1重戦車 1942 簡易生産型



(トランペッター 1/35)

 第一次大戦後、欧州列強の軍隊は前線突破作戦を支援する重戦車を検討していた。最初
の重戦車はフランス軍の「2C戦車」(近々アップの予定)であったが、敵からの死角が生じない
ように、複数の砲塔と銃座を装備していて、別名「陸上戦艦」とも呼ばれていた。
 ソビエト軍も最初の多砲塔重戦車はT−35であったが、1930年代の終わりには時代遅れ
になったことが明らかになった。というのは、複数の砲塔を装備するとそれだけで重量増加とな
り無限履帯を持つ戦車の運動性が犠牲になり、結果として重量増加を抑えるために装甲薄に
ならざるを得ず、そうすると当時開発が活発であった対戦車砲の装甲を貫通されるというジレ
ンマに陥っていたからである。それでもソビエト軍は「陸上戦艦」に固執し続け、T−35の後に
も「SMK」や「T−100」を開発した。
 「SMK」を設計したコーチン設計局は、単一の砲塔であればその分だけ厚い装甲を採用す
ることができるとし、単一砲塔の戦車を計画した。コーチン技師の義理の父であり国防人民委
員で、スターリンの旧友でもある、「クリメント・ヴォロシーロフ元帥」に因んで、「KV」と名づけら
れた。「KV」の試作車は、「SMK」よりも8tも軽いのに、より分厚い装甲を持つという長所があ
り、1939年から生産を開始した。76ミリ戦車砲を装備した「KV−1」はその後装甲や武装を
改修され、1940年型、1941年型、1942年型などさまざまある。最終型の「KV−1S」を除
いて、「KV−1」にとっての最後の戦闘の舞台は、1943年夏のクルスク戦である。ソビエト軍
の中央方面軍の保有する3400両の戦車の中で、重戦車はたったの205両で、この重戦車
部隊の主力が「KV−1」であった。最終型の「KV−1S」も1943年4月に生産を終了するが、
活躍が目覚しかった1941年のバルバロッサ戦からわずか2年で戦力外となったが、「KV−
1」の車両の問題ではなく、装備する戦車砲が、戦場に出現してきたドイツ軍の新型戦車に対
抗できなかったことが原因である。

(参考資料)
世界の戦車イラストレイテッド10 KV−1&KV−2重戦車1939−1945



(塗装記録)

砲塔後部側面が、砲塔リングに沿って丸いカーブになっておらず、直線的なのがわかる。
車体後部のルーバー部が生産の簡易化のために直線的なものに改められたのが、この型式の最大の特徴である。
直線的な砲塔は、丸みを帯びた溶接砲塔と違って、一種の独特な雰囲気がある。
キット付属のワイヤーは金属部品だが、再現性が良い。

鋭意制作継続中







戻る
戻る



いつかは作ってみたいアイテム(空想編1)
いつかは作ってみたいアイテム(空想編1)